生活習慣病は加工食品依存の回避と呼吸法の改善が大事

現代の日本では生活習慣病が非常に問題になっています。それは年々生活習慣病を患う人の年齢が低年齢化しているためです生活習慣病とは肥満、メタボリックシンドローム、高血圧、通風、糖尿病を指します。こうした生活習慣病は主に食生活や運動不足によってもたらされます。現代人の食生活はファーストフードのハンバーガー、インスタントラーメン、コンビニのお弁当などに依存しがちです。母親が仕事に就いて帰りが遅いために、子供たちはこうした加工食品を主に食べるようになりました。そのことで小学生でも高血圧や通風を患う人も少なくありません。高血圧や肥満になると心臓への負担も多く、心筋梗塞や心不全の危険もあり命にかかわることもあります。そのためできるだけ食生活を手作りにし、野菜や青魚を積極的に食べるようにしなければいけません。しかし母親が仕事をしているとどうしても加工食品に依存せざるを得なく食生活を抜本的に変えるのは難しいことです。こうした場合は血液をサラサラにしたり、コレステロール値を低下させるサプリメントを食生活に取り入れると良いでしょう。しかしサプリメントだけに依存するだけでは生活習慣病を抜本的に回避することはできません。呼吸法なども改善することも非常に大事です。多くの人が呼吸法が肺呼吸の傾向にあります。しかし呼吸法を腹式呼吸にするだけで、全身の脂肪が燃焼しやすくなり、肥満やメタボリックを予防することができます。腹式呼吸を毎日していると常に有酸素運動をしている程度のカロリー消費が期待できます。また腹式呼吸であると、喘息や気管支炎を予防しやすくなるメリットもあります。腹式呼吸は健康法の有効な方法と言えるでしょう。