生活習慣病にはアリナミンとゴルフが良い

ゴルフは8キロほどの距離を歩くことが多いスポーツです。ゴルフをすることによってエネルギーの消費量が増え、血糖値が下がったり友人と楽しく行うことでリフレッシュ効果が期待できます。また、肩や腰を動かすので肩コリにも良いとされています。
生活習慣病は肥満、高血圧、脂質異常症、糖尿病の事を指します。これらの病気は動脈硬化を引き起こすことがあり、血栓ができやすくなるので、心筋梗塞や脳梗塞、突然死を引き起こします。自覚症状があまりなく、いつの間にか動脈硬化が起きることが特徴の一つです。生活習慣の乱れが原因で食べすぎや飲み過ぎ、運動不足、睡眠時間が短いなどが挙げられます。脂質異常症の場合、改善するには息が軽く弾むジョギングを毎日30分、半年以上行わないといけないとされていますが、食事にも気を付けた場合は週3回ジョギングをすると改善されていきます。
生活習慣病を改善するにはゴルフのような歩くスポーツが最適です。ウォーキングも歩くスポーツですが、ゴルフには歩くほかに腕を振るといった運動や、どうやってボールを飛ばしていくかなど脳を刺激する活動もあります。人と触れ合いながら運動をするのでストレスも解消され、楽しみながらゴルフをおこなうことができます。もし疲れた場合はアリナミンを摂取すると良いでしょう。アリナミンにはビタミンB1誘導体も含まれているので吸収されやすく、筋肉や神経の疲れに効果を発揮してくれます。また、アリナミンは体の疲れだけでなくなんとなくだるい、といったストレスにも有効とされています。
生活習慣病は一度なってしまうとなかなか治らない病気です。ゴルフのスイングをするゴルフ体操でも良いので毎日取り入れ習慣づけることが大事です。