生活習慣の改善には入浴で興奮を解消

ストレスは生活習慣病の引き金となります。
ストレスを感じない人はいないでしょうが、慢性化すると厄介なのです。
ゆっくりと入浴して興奮を解消し、それからゆっくりと眠ることです。
入浴と睡眠は興奮を和らげるために最適な習慣です。

入浴するときは熱いお風呂は避けるべきです。
交感神経が優位になって、心身が興奮した状態になります。
興奮してイライラした状態が続くと、寝つきも悪くなってしまいます。
就寝前にぬるめの湯にゆったり浸かっておくと、イライラが解消して寝つきがよくなります。
身体が温まるとリラックスし、ゆっくりと眠られるようになります。

生活習慣を整えるためには、身体を温めること、ストレスを解消することが大切です。
身体を温めると血行が促進し、身体が細胞レベルで元気になります。
冷えた部位から老化が始まってくるため、冷え性や低体温の方は注意が必要です。
冷えは代謝を低下させ、脂肪の燃焼力を悪くさせます。
太りやすい方は代謝が悪くなっている可能性が高いので、毎日の入浴でゆっくりと身体を温めましょう。
入浴時間は20分以上が好ましいとされますが、これは温浴効果を十分に発揮できるためです。
全身を巡る血液を温めるためには、時間にして20分程度必要なのです。
ぬるめのお風呂は副交感神経を優位にさせ、興奮を解消する作用も期待できます。

就寝するときは頭から嫌な出来事を消しましょう。
布団に入るとネガティブなことばかり考えてしまう方は多いでしょう。
こうした癖があると、興奮して寝つきが悪くなります。
寝つきが悪いと目覚めも悪くなるため、その影響が一日中続きます。
生活習慣を改善するには、睡眠のリズムを整えなくてはいけません。
毎日同じ時刻に就寝していれば、自然と睡眠リズムが整っていきます。